貼り箱」カテゴリーアーカイブ

【21】ステキな貼り箱ギフトは中のパッキンにもこだわろう

≪パッキンが伝えたいメッセージとは≫

箱や袋の中の大切なギフトを守るパッキンは、文字通り「縁の下の力持ち」として、魅力あふれるラッピングに欠かせないアイテムの一つです。
ペーパークッション、インシュレーションとも呼ばれるパッキンは、外部の衝撃から中身を保護し、損壊を防ぐという大切な役割があります。
同じものは日本では昔から「緩衝材」と呼ばれ、美術品や工芸品、骨董品など高価で壊れやすいものを保管したり運搬したりするときに使われてきたほか、精密機械や部品の運搬には専用の緩衝材も開発されています。
つまり、パッキンはそのものだけで「とても大切なものを守っています」というメッセージになっているのです。
ラッピング用品としてのパッキンは、主に紙や木などの様々な素材をごく細く裁断したもので、それぞれに異なる質感が楽しめます。
ギフトバッグや貼り箱などのギフトボックスに敷き詰めるだけでも、グッと見栄えのするギフトラッピングが簡単に完成するので、細かい手作業がちょっと苦手という人にもオススメです。
もし色選びに迷ったら、白木やクリームカラーのペーパーパッキンを合わせてみましょう。
ほとんど、どんなギフトアイテムにもなじむナチュラル基本色で、リボンなどの色も選ばない万能選手です。

≪エコでスタイリッシュな実力派パッキンたち≫

ボックスストアでは、ギフトの魅力を引き立てるパッキンを各種取り揃えています。
「手作りペーパーパッキン」は、コシのある色上質紙を2.3mm幅に裁断した、使いやすいパッキンです。
クリーム、グレー、ブルー、ホワイトのソフトな4色から、ギフトのイメージや貼り箱の色に合わせて選べば、お店でのラッピングに勝る仕上がりも可能です。
「ウッドパッキン」は、白木の間伐材を利用したナチュラルな風合いが、ギフトの「とっておき感」をいっそう引き立てます。
大量に使いたいときは、1kg単位で購入できる「お徳用ペーパーパッキン」が便利です。
29色もの豊富なカラーラインナップで、いろいろな組み合わせと使い方が楽しめます。
たとえば、貼り箱の中の色とパッキンを同系色でまとめれば上品で落ち着いた印象に。
もしくは、貼り箱とは反対色のパッキンをあえて使うことでスタイリッシュなインパクトを狙うこともできます。
不揃いの小物や不定形なアイテムもすんなりまとめる便利なパッキンは、一度使うと手放せなくなるラッピングの賢い名脇役と言って良いでしょう。

《貼り箱を1個からサイズ指定・色指定でご注文頂けます→貼り箱オンライン販売

【9】小ロットのギフトボックス製作も可能なオンデマンド印刷の魅力

≪1個からオーダー可能なオンデマンド印刷≫

「オンデマンド印刷」は、ビジネスにもプライベートにも迅速対応できる使い勝手の良さから、近年急速に浸透しているサービスです。オンデマンド印刷は本来、「必要が生じたら迅速に対応する」といった意味から、小ロットのオーダーに対して短納期で納品できる印刷方法を総称していました。今では一般的に、レーザープリンターにより、 デジタルデータを直接読み込んで印刷する方法をオンデマンド印刷と呼ぶ事が多くなっています。
ボックスストアのオンデマンド印刷による貼り箱は、トナー式のデジタル印刷機による本格的かつ高品質な印刷を施すもので、オリジナルのギフトボックスを最少1個からでもオーダーすることができます。さらに印刷を内製化することによって、少ないロットの受注でも低コストなのが魅力です。
バリアブル印刷を利用して、贈る人々それぞれの名前や、その人だけに宛てたメッセージを入れたギフトボックスを作れば、楽しいサプライズとともに、忘れられない思い出も手渡すことができるでしょう。オンデマンド印刷の登場で、大切な人への贈り物のために、誰もが世界に一つだけのオリジナルギフトボックスを気軽に作って楽しむことができるようになったのです。

≪オンデマンド印刷でこだわりの貼り箱を作ろう≫

オンデマンド印刷では、好みの図柄や文字、写真などを入れた特注の貼り箱を作ることができます。その場合、印刷する図柄が地色の影響を受けにくいよう、用紙は白やベージュ系などの淡色から選ぶのが美しい仕上がりのコツです。一般にはデジタルデータ入稿が基本ですが、手描きなどのアナログ原稿もデジタル化することで版下になるので、子どもの描いた絵や、サインなどをデザインに取り入れることが可能です。
イラストや写真、ロゴマーク、メッセージなどを印刷したボックスは、オリジナリティだけでなく貴重な記念品としてレアな付加価値が生まれます。結婚式の引き出物用としてオリジナルのギフトボックスを渡せば、気の利いたお土産として喜ばれそうです。
ビジネスでは、社名やブランドロゴ入りのボックスで新製品サンプルを配布したいときなど、小ロット短納期対応のオンデマンド印刷は時間とコストの節約になるでしょう。1個ずつ色調を変えた同柄の箱を10個、あるいは贈る相手それぞれの名前が印刷された箱などなど、受け取った人が驚き喜ぶ印象的なオリジナルギフトボックスは、心の絆をいっそう深めます。
デジタル機器が得意とする素早さと手軽さ、そして美しさの表現といった技術をいかんなく発揮するオンデマンド印刷の魅力と可能性は、今後もまだまだ広がり続けるでしょう。

《オンデマンド印刷の貼り箱のご注文はこちらから→貼り箱オンライン販売

【8】オリジナルのギフトボックス製作に最適なバリアブル印刷の特徴

≪バリアブル印刷とは?≫

バリアブル印刷とは、日本語に訳すと可変印刷とも呼ばれるものです。本来の印刷とは、同じ絵柄や文字を大量に刷ることですが、バリアブル印刷は一点ずつ異なる内容が印刷されます。たとえば、招待状の宛て名や、チケットのナンバリング、くじの番号などは代表的なバリアブル印刷の例です。
印刷というと全て同一の内容でしか印刷ができないと考えがちですが、バリアブル印刷は一つひとつ違う内容での大量印刷が可能なのです。

≪バリアブル印刷の種類について≫

バリアブル印刷には、いくつかの種類があります。バージョニング印刷は、チェーン店の共通のチラシのように、店舗名や場所、連絡先、地図などの部分だけを差し替えて印刷するものです。パーソナリゼーション印刷も、バリアブル印刷に含まれます。ダイレクトメールなどに良く利用されるパーソナリゼーション印刷は、読み手の個人情報に合わせて内容をカスタマイズするなど、「その人のためだけの」内容を盛り込んだ印刷です。
パーソナリゼーション印刷には、IDカードや社員証、卒業証書といったものが代表的です。商業的には、過去の購入履歴などから、好みの傾向や欲しくなりそうな商品・サービスを予想した印刷物を作るなど、パーソナライズするという名にふさわしい印刷なのです。バリアブル印刷そのものというものでは、完全に唯一のものである保険証書などの証明書類などがあります。また、世界に一つだけの本や写真集も、バリアブル印刷で作成することが可能です。

≪オリジナルのギフトボックス製作に最適なバリアブル印刷≫

世界に一つだけのものが作れるバリアブル印刷は、オリジナルのギフトボックスを製作する際にも最適な技法です。例えば結婚のご報告や、結婚のお祝いをいただいた時のお返しに、大切なご友人に感謝の気持ちを贈ることがあるとします。そうした場合、全員に同じメッセージで贈るのは味気ないものです。バリアブル印刷ならばギフト品にぴったり合ったオリジナルのギフトボックスを製作することができます。
それぞれの友人ごとに異なるメッセージが入ったギフトボックスは、贈り物をより引き立て、受け取った人を笑顔にします。また、自分でデザインした柄やイラストをフタ側にあしらうと、非常にオリジナル性の高いギフトボックスが生まれるに違いありません。ずっととっておきたくなる、世界に一つだけのステキなギフトボックスを、バリアブル印刷で作りましょう。

《オンデマンド印刷の貼り箱のご注文はこちらから→貼り箱オンライン販売