カテゴリー別アーカイブ: コラム

【15】折り紙でもつくれる!キュートなギフトボックス

≪折り紙は「おもてなし文化」の立役者≫

折り紙は、日本が世界に誇る文化です。
日本で育った人の多くが幼い頃に親しんだ経験を持つ折り紙ですが、今や子どもの遊びの域を超えて進化し、芸術と言えるほどレベルの高い作品が国内外に紹介されているように、“origami”は世界共通のアートワークという認識が一般化しました。
折りたたむだけで1枚の紙が様々なモチーフに変化する折り紙は、クリエイティビティを刺激し、さらに自由な発想に導く魅力がいっぱいです。
動物や植物などを形作る遊びのほかにも、折り紙の技術は箱や袋などを簡単に作ることができるといった実用面にも強みがあります。
ポチ袋や四角い小箱などは、のりを使わずに折るだけでもできるので、ちょっとしたお返しやギフトのときに、手持ちの紙で手軽に作る人は多いのではないでしょうか。
昨今は玩具用途の折り紙だけでなく、様々な素材や柄デザインの美しい製品が豊富に揃い、見ているだけでも創作意欲をかきたてられます。
特に折り紙で作ったパッケージは、広げることで別の絵柄やメッセージが現われるなど、楽しいサプライズ要素があるのも特色です。
大人向けの落ち着いた色柄や、表と裏が別柄になっている正方形の紙で作った箱や袋は、贈る人のセンスの見せ所。
思わず手に取りたくなるギフトに、折り紙で作ったパッケージはうってつけです。

≪精度の高さが仕上がりに出る折り紙ギフトボックス≫

絵やメッセージなどを隠し込んだオリジナルデザインのギフトボックスを折り紙で作る場合、用紙は限りなく正確な正方形でなくてはなりません。
折り紙は、タテとヨコのサイズにほんのわずかでも誤差があると、折っていくうちにどんどん狂いが大きくなることはご存知の通りです。
しかし、市販品の中にはこの点にあまり気を遣っていないものがあり、まして自分で正確に切り出そうとすると意外に難しいことがわかります。
ギフトボックスの受注製作を専門とするボックスストアでは、自社内のCAD/CAMを駆使することで、手作業では難しい精密なカッティングと印刷が可能です。
完成した形と展開した形を設計図に見立て、図柄やメッセージを効果的に、かつ正確にレイアウトして印刷することができます。
贈る人にはパズルを組み立てるような楽しさを、贈られる人にはそれを開いてメッセージにたどりつく宝探しのようなワクワク感を提供する折り紙のギフトボックスは、ギフトアイテムに負けないくらいの強い印象を与えてくれるでしょう。
プロの技術が可能にする折り紙ギフトボックスで、大切な人と楽しいサプライズの瞬間を分かち合いましょう。

《ギフトボックスのオーダーメイドのご相談はこちらから→ボックスストア・サービスカウンター

【14】父の日ならではのおしゃれなギフトボックスの工夫

≪「使えるアイテム」が父の日ギフト成功のコツ≫

父の日のギフトアイテムに悩んだことのない人は、おそらく少数派なのではないでしょうか。
やや年配の男性が喜んでくれそうなアイテムは、単純にひと括りにしにくいものです。
さらに、「モノ」へのこだわりが強い人もいれば、かなり無頓着な人もいるため、苦労して選んだ甲斐なく撃沈する確率も高いのが父の日ギフトのつらいところです。
プレゼントは、あくまで「気持ち」の問題とは言いますが、父の日ギフトについては日頃からお父さんの好みや傾向を把握できているかどうかが試されるイベントでもあります。
どちらかというと無口なお父さんだったり、これといった会話もめったにしない親子の場合は、多くのサイトにある父の日ギフトの好適品ランキングを参考にするのは一つの方法です。
ただ、ギフトアイテム選びのポイントを強いて挙げるとすれば、どんなに人気が高い品でも「結局しまわれたままになって使わない」モノを贈ることは、やはり賢くありません。
毎日何気なく使っているアイテムを観察し、古びていたり、壊れているのを発見したら、少し質の良い品に買い替えてあげるといった考え方のほうが、贈ったモノも活かされるでしょう。

≪ギフトボックスで父の日を楽しく≫

父の日ギフトは、購入したお店でラッピングを頼めばラクですが、あまり凝った包装は望めないので、ありきたりになりがちです。
また、たくさん紹介されているラッピングは多くが女性向けで、年配の男性向けのアイデアソースは非常に少ないことも悩みになります。
よく紹介されているのは、男性向けギフトの代表格であるネクタイやワイシャツをモチーフにしたラッピングのアイデアです。
包装紙をネクタイやワイシャツに見立てて折りたたみ、ホンモノのボタンを付けたギフトは、なかなかにインパクトがあります。
でも、不器用だからそこまではとても無理…という人や、ラッピングにあまりお金をかけたくない人も、どうかあきらめないでください。
箱に図柄を直接印刷して、世界に一つのオリジナルギフトボックスを作ってみましょう!
丈夫で美しい貼り箱には、自作のイラストや写真、メッセージ文など、思い通りのデザインを印刷することができます。
ワイシャツとネクタイの写真を箱に印刷しても、ちょっと面白い仕上がりになるでしょう。
コレクションが趣味のお父さんなら、ギフトボックスのデザインをシリーズ化すると、毎年1個ずつコンプリートする楽しみを提供することにもなり、コミュニケーションが深まるかも知れません。

《ギフトボックスのオーダーメイドのご相談はこちらから→ボックスストア・サービスカウンター

【13】パリ発祥のギフトボックス、My Little Boxが話題

≪ギフトボックスで届く、月に一度のお楽しみ≫

大切な人からのギフトがキレイな箱に入っていると、喜びやワクワク感が何倍にもふくらむものです。
箱好きな人なら、中のギフトアイテムよりむしろ、ギフトボックスのほうを気に入ってしまうこともよくあるといいます。
ギフトボックスは、アイテムを守るだけでなく、送り主がギフトに込めた心を表現する舞台装置としても機能するものと言えるでしょう。
フランスのライフスタイルサイト「MY LITTLE PARIS(マイ・リトル・パリ)」が主宰する頒布会「MY LITTLE BOX」は、パリジェンヌに憧れる多くの女性を虜にしています。
旬のシークレットアイテムが毎月届くこのサービスは、キュートなイラストが描かれた小箱の人気もさりながら、毎回届くまでのワクワクした気持ちや、小箱を手にしたときの喜び、フタを開ける瞬間のドキドキ感といった、女性の心を捉えて離さない巧みな演出は注目に値します。
箱のサプライズ効果を最大限に活用した「MY LITTLE BOX」は商業的な成功例と言えますが、このように一つの小さなギフトボックスは、たくさんの笑顔を引き出すパワーを秘めているのです。

≪ギフトボックスならではのサプライズな喜び≫

日本でも会員向けの頒布会は古くから普及していて、ロイヤルユーザーとも言うべき固定ファンがたくさんいます。
頒布会での購入は、「何が入っているかはお楽しみ」というサプライズ要素も魅力の一つです。
自分でこだわって選ぶ買い物とはまた違った発見や、予想外の新しい出会いに期待する頒布会は、セレクトショップでのショッピングに通じる味わいがあります。
何より、「開けてビックリ!」と言う通りのサプライズ演出は、まさにフタをかぶせた箱だからできること。
様々なスタイルのラッピング用品が開発される中にあっても、ギフトボックスは贈る心を表わすのに、これ以上のものはない究極の「絶対形状」なのです。
小さくても気の利いたデザインのギフトボックスは、贈り手の自信のありようを示しているので、安心して受け取ってもらえます。
デジタル印刷の技術が進んだ現在では、自作のイラストや写真画像などをデータ化して印刷することで、世界に一つのオリジナルギフトボックスが1個から作れます。
ワンテーマのセレクトグッズを集めたオリジナルの“My Little Box”で、あなたの大切な人を笑顔にしちゃいましょう!

《ギフトボックスのオーダーメイドのご相談はこちらから→ボックスストア・サービスカウンター