カテゴリー別アーカイブ: コラム

【12】CAD/CAMを使ってギフトボックスを製作するメリット

≪CADのメリット≫

CADとは、コンピュータによって設計図などの作図をサポートする製図ソフトで、建造物の設計から車両、配線・配管ほかあらゆるプロダクツの開発や製造に欠かせないものとして広く普及しています。たとえば、文章作成ソフトのWord、表作成のExcelなどと同じく、製図ならCAD、と考えると分かりやすいでしょう。画面上で作図操作を行なうCADは、均一な線が間違いなく引けるのはもちろん、文字も統一したフォントで入力することで、美しく見栄えのする図面が誰でも作れるのが大きな特徴です。習熟に時間がさほど必要ないため、理論上は経験に関わらずデータさえ正しければ誰が操作しても同じ図面が作成できるということになります。
CADのメリットは、修正作業を画面上で行なうため、内容に修正や変更を加えるのが簡単で、細かなレベルの寸法の修正や、部分的な変更の必要があったときも、すぐに対応して内容に反映し、見やすい図面に仕上げることができるところでしょう。また、修正前と修正後の両方のデータを残しておけば、様々にアイデアのバリエーションが広がり、創造のヒントにつながる材料になります。

≪CAMとCAD/CAMを使うメリット≫

CAMとは、computer aided manufacturing(コンピュータ支援製造 ) の略でキャムといわれています。CAMは、生産準備の工程をコンピュータ上で行うシステムのことで、なにか製品を作る際、形状データをCADで作成し、それを実際に加工するためのプログラムを作るのです。このCAMとCADの両方の機能を合わせ持つシステムがCAD/CAMで、 設計からNCデータの作成までを全て同じシステム内で行うことができます。
また、他からのCADデータを読み込んで、加工する内容に合った形状に変更するといった作業をすることも可能です。CAD/CAMを使うメリットとしては、繰り返しデータが使える、NCデータが取れる、設計変更があってもすぐに対応が出来る、全体的に時短作業となる、USBメモリーなどでデータ供給が可能など、様々なメリットがあります。修正の容易なCAD/CAM による作図・データは、わずかなサイズ修正にも対応できるので、貼り箱などのギフトボックス作りでも本領を発揮するでしょう。CAD/CAMを使うと、ギフトアイテムの形やサイズにぴったり合うパーフェクトなギフトボックスが完成します。世界に一つしかないオーダーメイドのギフトボックスは、CAD/CAMの技術によって可能になったのです。

《ギフトボックスのオーダーメイドのご相談はこちらから→ボックスストア・サービスカウンター

【11】CAD/CAMを使うとオリジナルデザインのギフトボックスを製作できる

≪ものづくりは3D発想の時代へ≫

近年は、3Dプリンタの登場などをきっかけとして、ものづくりへの発想そのものが大きな転換期を迎えています。製図ソフトのCADが3D設計への扉を開く立役者となっていることは言うまでもありませんが、2D‐CADから3D‐CADへの移行は、平面から立体への発想の転換を示唆するもので、これまでにない新たな可能性が開けたことを意味します。従来の2D型の設計図は、立体となる完成形を2Dの図面に置き換えて作成されているため、図面を読み取るには専門の訓練によって読図能力を身につける必要がありました。
しかし3Dは、誰もがひと目で立体=実像としての形状を把握できるため、専門知識の有無を問わず広い層に訴求することを可能にしたのです。3Dデータは、手間や費用をかけて試作品をいくつも作ったり、理解を求めて説明に苦労したりする必要がなくなり、完成品のイメージをリアルな感覚でつかむことができます。家庭でも使える3Dプリンタが普及の兆しを見せているように、創造へのニーズはイメージの可視化だけでは飽き足らず、CAD/CAMの現場もまた、よりリアルで実体のある方法論を模索する方向へと変化しているのです。

≪CAD/CAMでサプライズなギフトボックスを≫

ものづくりの現場に欠かせないCAD/CAM機能は、今後はさらに3D発想に向けて発展していくものと思われます。その一方で、クリエイティブなイメージを正確かつ精密にデータ化するCAD、および立体化するCAMのシステムは、複雑な構想を理論化し、客観的に表現するとても優れたツールです。普通の箱のように単純な直方体や立方体から、曲線や曲面で構成された形状や多面体などの複雑な立体まで、人の創造性には限りがありません。ギフトボックスをオーダーメイドで作りたいときも、CAD/CAMシステムは、頭の中のイメージを確実に具体化したいとき、右に出るものはないツールと言って良いでしょう。
一見すると単純な四角い箱も、見方を変えればムダをそぎ落とした究極の「立体作品」ということができます。特にギフトボックスには、容器という機能を超えて、贈り物と一緒に入れた相手への気持ちをも大切に守る役割があります。手にした人が思わず笑顔になる、美しいオリジナルデザインのギフトボックスで、CAD/CAMの技術の神髄をぜひ味わってみてください。

《ギフトボックスのオーダーメイドのご相談はこちらから→ボックスストア・サービスカウンター

【10】CAD/CAMを使うと精密なサイズオーダーでギフトボックスを製作できる

≪コンピュータが作図をサポートするCAD≫

ものづくりの現場でよく耳にするCAD(キャド)は「Computer Aided Design」の略でCADソフトの略として簡単にCADと呼ばれていますが、設計作業を行なう機能を持ったコンピュータソフトのことです。CADソフトを使って設計書や図面を作成する専門職能を持つ人は、CADオペレーターと呼ばれますが開発当初のCADソフトは操作性にまだ問題が多く、価格が高いわりに使い勝手の良い道具とは言えないなど、欠点が目立つものでした。
しかし改良を重ねることで、経験のあるなしに関わらず、誰にでもきれいな線の図面が自動的に作成できる便利なソフトに進化し、フリーソフトから価格が数百万円に及ぶものまで、用途に応じて様々なCADが登場しました。現在、建造物の建築設計をはじめ、配線・配管、車両、飛行機、アパレルファッションの現場に普及浸透し、緻密な設計デザインを必要とするあらゆるものづくりをサポートしています。

≪CADによる緻密なデザインをCAMで忠実にカタチに≫

CADの特徴は訓練期間に関わらず、均一な太さのきれいな線やフォント文字の入った図面が、誰にでも同じように作成できるというところでしょう。手描きの場合は熟練者を育成するまでには技術の習熟にそれなりの時間がかかりますが、自動で図面が作成できるオートCADシステムなら、正確で精密、かつ美しい図面を効率的に作ることができます。またCADは基本的に紙ではなくデータで管理するため修正前と後の両方のデータを保存して、寸法を変えて使用することも可能で、手描きでは面倒なアイデアを精密な図面にして形に起こすことも簡単です。
CADでデザインしたものを実際に形にするのがCAMです。CAMは工作機械を動かすプログラムを作成するもので、CADによって書かれた緻密なデザインをCAMが機械を作動させて形にしていきます。このように精密な図面をスピーディに作成できるCADとそれを忠実に形にすることが出来るCAMの両方を活用することで、贈るアイテムにぴったりと合うイメージ通りのサイズオーダー・ギフトボックスが完成するのです。

《ギフトボックスのオーダーメイドのご相談はこちらから→ボックスストア・サービスカウンター