カテゴリー別アーカイブ: コラム

【48】貼り箱の歴史

《貼り箱の歴史について》

貼り箱という言葉やどのようなものか知っていても、歴史までは知らないという人が多いのではないでしょうか。
貼り箱の歴史は古くから始まります。
厚紙がなかった時代に、杉などの木で箱をつくって、その表面に和紙を貼って、綺麗に装飾されていました。
明治時代になると、黄ボールやチップボールなどの厚紙が普及し始め、次第に厚紙に和紙を貼って装飾することが増えてきたのです。
当初は、贈答品の容器として用いられることが多く、宝石や装身具、時計、文房具、香水、酒類、菓子類、麺類などの品物を入れていました。
その種類によって、貼り箱のデザインも様々あったようです。
次第にデザインのバリエーションが多くなり、和紙だけでなく洋紙を使用することや、制作者それぞれのオリジナリティ溢れる貼り箱が増えてきています。
白色のボール紙が流通し始めると、ボール紙に直接印刷するようになりました。
貼り箱は手工芸で、ひとつひとつ制作されていましたが、近年は紙器として機械生産されることが多いでしょう。
機械生産することで、より高品質な貼り箱を量産することが可能です。
現代では暮らしの中に貼り箱の存在をよく目にしますが、貼り箱の歴史を知ることで、より貼り箱に対する魅力を感じられるのではないでしょうか。

《貼り箱のクオリティも進化している》

貼り箱は様々なところで使用されています。
幼稚園児が使用するお道具箱も貼り箱です。
貼り箱は強度が高いため、踏まれたり、投げられたりと乱雑に扱われても屈しません。
また、iPhoneの箱も貼り箱です。
iPhoneを使用している人であれば、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
新品のiPhoneを購入したとき、本体が入っている白い箱は貼り箱でできています。
通常、厚いボール紙に切り込みを入れて折り曲げて箱の形に成形するため、角は少し丸みを帯びるといった特徴がありますが、iPhoneの貼り箱は日本の貼り箱のクオリティが進化したため、通常の貼り箱ではあり得ない鋭角を実現しています。
これからも貼り箱のクオリティは進化し続けていくでしょう。
使用用途に合わせて貼り箱をつくってみてはいかがでしょうか。

《貼り箱をサイズ指定・色指定で1個からご注文頂けます→貼り箱オンライン販売

【47】貼り箱の種類と魅力

《貼り箱の魅力》

貼り箱は現代において、欠かせないものです。
身の回りにある箱も、貼り箱であることが多いでしょう。
貼り箱とは、箱のベースとなる厚紙に色やデザインの紙を貼ってつくる箱です。
貼り箱の魅力は、厚紙の強度が高いため、衝撃吸収性に優れていることや、環境への負荷が小さいことが挙げられます。
高級感を演出でき、商品や企業のコンセプトに合わせてデザインすることができることも、魅力の一つです。
魅力的な貼り箱を制作しようと検討している人もいるのではないでしょうか。
制作する前には、貼り箱の種類について知っておく必要があります。
貼り箱の種類を知り、商品の形状、コンセプトにぴったりのオリジナルの貼り箱をつくってみてはいかがでしょうか。

《貼り箱の種類》

貼り箱の種類の中でも定番のものは、フタミ式ではないでしょうか。
フタミ式とは、箱の身の部分とふたの高さが同じ形状にしたものですが、ふたの部分を短くすることでかぶせ型にすることも可能です。
かぶせ型は、身の部分と比べてふたの高さが短くなり、ふたが浮いているような形状の貼り箱です。
インロー式という種類もあります。
インロー式は、身の部分の内側にふたをかぶせるタイプで、ふたと身が綺麗に揃うため、高級感を出したいときにおすすめの種類です。
制作方法を少し変えると、ふたと身を浮かせる形状にすることもできます。
ふたと身が離れるとより高級感が出るでしょう。
通常のインロー式はインロー部分でふたを固定するため、長すぎると開け閉めがしにくいです。
キャラメル箱という種類もあります。
上下に差し込めるふたがついており、日常でもよく見かける形状でしょう。
キャラメル箱と似ている貼り箱の一つに、低地獄箱というものがあります。
キャラメル箱は上下のふたが差し込めますが、定地獄箱は下の部分の底が抜けないようになっており、立てたときに安定しています。
作業効率が高い貼り箱は底ワンタッチ箱です。
起こすと自動的に底が組み上がる構造になっており、底抜けの心配もありません。
他にも貼り箱の種類がたくさんあるため、使用用途に適切な種類を選んでみてはいかがでしょうか。

《貼り箱をサイズ指定・色指定で1個からご注文頂けます→貼り箱オンライン販売

【46】新生活はオリジナル貼り箱で収納する

《新生活を始める際は》

4月から新生活が始まる人もいるのではないでしょうか。
住む環境や仕事環境が変わらなくても、心機一転してスッキリと新生活を始めたいという人もいるでしょう。
新生活ではインテリア用品の選び方がポイントになります。
特に収納用品がポイントです。
インテリア性だけでなく、使い勝手も良い収納用品が部屋にあると、いつでも綺麗な部屋を保ち続けることができます。
こまごまとした生活用品を、そのまま棚に置いておくと、乱雑になりがちです。
棚やクローゼットの中を有効活用して、整理整頓するときは、箱型の収納用品があるとても便利です。
収納したいものに丁度良いサイズで、棚にも収まる箱を使うと、見た目もおしゃれに収納できます。
箱は100円ショップや雑貨屋さんなどでも販売していますが、丁度良いサイズやお気に入りのデザインの箱が見つからないことも少なくありません。
そこで、おすすめなのはオリジナルデザインの貼り箱です。
サイズやデザインにこだわって、部屋のインテリアとマッチする貼り箱をつくってみてはいかがでしょうか。

《貼り箱をつくるポイント》

貼り箱をつくるときのポイントは、四角い形でふたがついたタイプを選ぶことです。
実用性が高く、積み重ねることができるため綺麗にまとまります。
いくつか分類して整理したいときに役立つでしょう。
丸い型の貼り箱は、アクセントとして見せたいときに使うことをおすすめします。
また、貼り箱をつくる前は何を収納するのか、収納したいものを数種類に分ける、棚の寸法を測って、貼り箱のサイズや個数、素材を決めていきましょう。
小物が増えたときは、増えたからといって収納家具を増やすわけにはいきません。
部屋のスペースも限られているため、収納家具が多すぎるとおしゃれに見えないでしょう。
貼り箱であれば、いくつ増えても邪魔にならないため、おすすめです。
部屋のデザインを変えたときも、新しく収納家具を探し回る必要がありません。
自分で好みのデザインで貼り箱をつくることができます。
季節や年度ごとに、貼り箱も新しくつくりなおしてみてはいかがでしょうか。

《貼り箱をサイズ指定・色指定で1個からご注文頂けます→貼り箱オンライン販売