No.101 Vカット仕様ふうの貼り箱

「貼り箱」は、厚みのある芯材を表側からハーフカットして折り曲げて作りますので、折り曲げ部分に芯材の厚み分だけ空間が出来て、その上から貼紙を貼るため、特に厚い芯材を用いると、折り曲げ部分が丸い感じの仕上がりになり、その丸い感じが「可愛らしさ」「手作り感」「高級感」につながる部分もありますが、箱の中に入れる品物のイメージ等から、折り曲げ部分を鋭角にしてシャープな感じの貼り箱を求められる場合もあります。

折り曲げ部分を鋭角にするための代表的な作り方としては、芯材を表側からハーフカットするのではなく、折り曲げ部分を芯材の裏側から「V」字型に掘る方法(通称:Vカット)がありますが、弊社ではVカットを行う設備を持っていないため、厚い芯材の上から薄い芯材を重ねることで、鋭角な「Vカット」仕様ふうの貼り箱を製作しています。

「Vカット仕様ふうの貼り箱」は、価格的には、通常の仕様の貼り箱の1.5倍程度になりますが、「貼り箱オンライン販売」での自動見積もりでは対応しておりませんので、メール、ファックス等でお問い合わせいただければ、別途見積もりさせていただきます。

ギフトボックス オーダーメイド事例写真 101-1

ギフトボックス オーダーメイド事例写真 101-2

【サービスカウンター/オーダーメイド事例紹介一覧[16]へ戻る