No.113 バレンタイン・デコレーション

ギフトボックス オーダーメイド事例写真 113-01
ギフトボックス オーダーメイド事例写真 113-02

ファクトリアル・エー(有)様 から、「マトリョーシカBOXセット/レッド」を使った空間ディスプレイの事例写真をご提供いただきました。 ホテルヒューイット甲子園・ロビーの、2018年のバレンタイン・デコレーションです。

ファクトリアル・エー(有)様 インスタグラム
https://www.instagram.com/factorial_a/

マトリョーシカBOXセット
https://boxstore.net/giftbox-shop/mato.asp

【サービスカウンター/オーダーメイド事例紹介一覧[New]へ戻る

No.112 大皿の配送用中枠

ギフトボックス オーダーメイド事例写真 112-01

直径約40センチの大皿を、段ボール箱に入れて宅配便で送る際に、割れないように段ボール箱の中で浮かせるための中枠を製作しました。3mm厚の段ボール製です。2個1セットで、大皿の左右に嵌めて使用します。小ロット対応のため、抜型を作らず、CAD-CAMで仕上げて納品しました。

ギフトボックス オーダーメイド事例写真 112-02
ギフトボックス オーダーメイド事例写真 112-03
ギフトボックス オーダーメイド事例写真 112-04
ギフトボックス オーダーメイド事例写真 112-05

【サービスカウンター/オーダーメイド事例紹介一覧[16]へ戻る

貼り箱の「包み貼り」と「巻き貼り」について

貼り箱は、厚みのある芯材に、薄い貼紙を糊貼りすることで作りますが、貼紙の貼り方は大きく分けて「包み貼り」と「巻き貼り」の2種類があります。弊社では原則として、「包み貼り」で作れるサイズの場合は「包み貼り」で作り、「包み貼り」で作れないサイズの場合に「巻き貼り」で作っています。

「包み貼り」で作れず「巻き貼り」となる条件の一つとして、お客様に特に把握していただきたいことは、箱の深さ(フタの深さ)が100mmを超えると、機械的な制約から必ず「巻き貼り」となる、ということです。「巻き貼り」をフタに使うと、フタの天面と側面の間に貼紙の繋ぎ目が出来てしまいますので、フタの深さは100mm以内で指定して頂く方が、見た目は綺麗になります。深さ100mm以上の箱をご注文いただく場合の、フタの深さの指定の参考としてください。

「貼り箱オンライン販売」のトップページはこちら