【57】ラッピングを楽しもう!

プレゼントを贈るとき、大切なのは何でしょうか?
もちろん、気持ちも大切です。もちろん、中身も大切です。
ですが、ラッピングも重要だとは思いませんか?
そのままラッピングせずに渡されるのと、綺麗にラッピングされて渡されるのでは貰い手の気持ちも変わってきますよね?
もちろんお店でもラッピングはしてもらえますが、特別感、オリジナリティーを出すのもたまにはいいのではないでしょうか。
貰い手をより一層嬉しくさせたり、わくわくを演出する素敵なラッピングをしてみせんか?

image of holiday gift packaging

〘 プレゼントに合ったラッピングを 〙

一口にラッピングといっても、様々な方法があります。
もちろん季節やイベントに合わせるのも一つです。
貰い手のイメージや、プレゼントに合わせてラッピングを行うのも良いのではないでしょうか。
様々なラッピング方法について考えていきましょう。

<ギフトボックス>

市販のものやオーダーメイドのギフトボックスを利用する方法です。
形も大きさも様々なので、プレゼントに合うものが見つかる確率が高いと思います。
オーダーメイドならプレゼントに合わせてぴったりのサイズで作ることも可能です。
また、メッセージカードをはさんだり、リボンの横に花を添えるなどのアレンジをすることで華やかになります。
隙間ができるサイズを利用するなら、パッキン(紙などの素材のクッション材)を詰めておくと、中を花などで装飾したりと、また一味違った演出もできます。
ラッピング次第では、特別な贈り物だという雰囲気もばっちり出るので記念日や、家族、恋人への特別な贈り物の際にいかがでしょうか。

<包装紙>

プレゼントを包装紙でラッピングする方法です。
箱型のプレゼントの場合よく行われ、手軽で安価なのが特徴だと思います。
ですが、包装紙の素材や柄で、雰囲気はガラリと変わります。
小花柄や、レース調の柄の包装紙なら女性向けですし、動物やキャラクターの柄ならお子様向けにいいでしょう。
また、和紙のような素材なら、目上の方への贈り物の高級感をワンランクアップさせることもできます。
シンプルな包装なら、アクセントとしてマスキングテープを利用する方法や柄の印刷されたリボンを使用するなど、オリジナリティーを出すこともできます。

<巾着>

不器用さんでも安心のラッピングです。
袋についている紐を結ぶだけなので、技術は一切必要ありません。
簡易的ではありますが、こちらも素材やデザイン、アレンジで特別感を演出することは可能です。
素材は、一般的なビニール製のものから、コットンやオーガンジー、 不織布のものもあります。
ビニール製ならマスキングテープなどのデコレーションも可能です。
また、リボンの部分に穴をあけた小さいメッセージカードを通すのも可愛らしいですね。
透け感のある素材を選ぶなら、中に花を入れたり、マスコットを入れてみたりと、外から見た時の演出を考えるのも楽しいです。
手軽ではありますが、贈り手の発想で七変化するラッピングと言えるでしょう。

〘 特別なラッピングで贈ろう 〙

いかがだったでしょうか?
ラッピングと言っても、やり方や選ぶもので印象は変わり、さらに魅力的になります。
「プレゼントを買ったら、お店でラッピングして貰えばいい」という考えは間違いではありません。
ですが、せっかくのプレゼントですから、貰い手に最大限に喜んでもらえるように、試行錯誤してみせんか?
普段はラッピングをすることはないかもしれません。
ですが、ギフトボックスや包装紙、巾着と、貰い手を想ってラッピングしたプレゼントは、贈り手から見ても「特別なプレゼント」になるはず。
日頃の感謝と愛情のこめて、ひと手間加えたプレゼントを贈ってみてはいかがですか?

《ギフトボックスのオーダーメイドのご相談はこちらから→ボックスストア・サービスカウンター

《ボックスストアの巾着袋販売はこちら→ボックスストア巾着袋販売コーナー