【58】春らしいギフトボックスを贈ろう

最近、春を感じる暖かい日が増えてきましたね。
コロナ渦で、なかなか家族にも知人にも会えない方も多いかと思います。
そこで、コミュニケーションの一つとして、春を感じさせる素敵なギフトボックスを贈ってみませんか?
入学祝、母の日、父の日等のイベント事もありますし、日頃の感謝を込めたプレゼントを贈りたいものですね。
その時は、春を感じさせるラッピングを取り入れてみてはいかがですか?
ギフトボックスを利用した春らしいラッピングを実践してみましょう。

Banner with gift boxes with a tied ribbons and branch of gypsophila flower on a pink background. Congratulation concept with copyspace.

〘季節感を取り入れよう〙

春のイメージといえば、桜でしょうか。
ギフトボックスやラッピングにも季節感を取り入れて、贈り手に春を感じてもらうのも素敵ではないでしょうか。
単にギフトボックスに入れるだけでは、贈り手も貰い手も、少し寂しいですよね?
春を感じてもらい、贈り物へのわくわくを高めるラッピングをしてみましょう。
今回は、パーツごとに考えてみます。

<ギフトボックス>

形はプレゼントに合わせたものでいいと思いますが、春らしい演出をする上で、カラーや素材をしっかり選んでいきたいですね。
カラーは、白やピンク等の定番でもいいと思います。
ですが、リボンや装飾によっては、ベージュやパステルイエローも春らしい彩りといえるでしょう。
また、紙の素材もマットなものや、光沢のあるもの、エンボス加工のされているもの等、たくさんあります。
どれを選ぶか好みではありますが、シンプルなマットなものが装飾を邪魔せず、良いかもしれませんね。

<リボン>

リボンの素材もしっかり選びましょう。
サテンやオーガンジー、コットン等種類が豊富にあります。
春なら、透け感のあるオーガンジーが理想的かもしれません。
リボンのアレンジによっても、印象ががらりと変わります。
昨今では、インターネットにたくさんのアレンジ方法も掲載されているので、この機会に挑戦してみるのもいいかもしれませんね。
また、リボンのみでももちろんいいですが、花を添えたり、メッセージカードを挟んだり、ちょっとしたアレンジも素敵だと思います。
春らしい花を添えてみるのも一つです。桜以外にも、撫子やマリーゴールド等たくさんあるので選ぶ楽しみもありそうです。

Still life with sweet carnation flowers and gift on table, Mothers day concept

〘ギフトボックスで春を贈ろう〙

いかがでしたでしょうか?
一例ではありますが、コロナ渦だからこそ、贈り物でコミュニケーションをとるのも素敵ですよね。
ギフトボックスの装飾で、春の訪れと感謝を伝えてみませんか?
難しいと思われる方も多いかと思いますが、ギフトボックスをオーダーメイドすると、とても簡単に理想のギフトボックスを作ることができます。
また、プレゼントにぴったりのサイズ、デザインのギフトボックスを探すことは難しいですよね。
そういった時、オーダーメイドのギフトボックスを利用すると便利だと思います。
この機会に、日頃の贈り物を、特別なギフトボックスで贈ってみせんか?

《ギフトボックスのオーダーメイドのご相談はこちらから→ボックスストア・サービスカウンター